アスリートに知ってほしいお金の話し

アスリートに必要なものは競技力であることは間違いありませんが、その競技力を向上・維持するため、競技環境をより良いものにするために「お金」が必要なことも、また事実です。

この連載を読むことで、お金の仕組みや、その循環について知ることができるでしょう。

そして、投資(支援)する人の気持ちを理解することができ「どうしたら競技資金を調達することができるか?」について自分なりのロジックを組み立てることができるようになります。

また、この連載を読み進むことで、自然と「ロジカルシンキング」が身につき、競技に関する考え方にプラスの効果が産まれるという、副産物もあるかもしれません。

実利のため、そして頭の体操としても、楽しんで読んでいただけたらと思います。

  • ※ 読みたい雑誌イメージをクリックしてください。

著者紹介

澤上 龍 (さわかみ りょう)

さわかみ投信株式会社 代表取締役

株式会社ソーシャルキャピタル・プロダクション代表取締役

年間100を超えるセミナーを通し本格的な長期投資の概念をお客様に伝えている。
経済的に豊かになったとしても人との信頼関係がなければそこに本当の意味での豊かさはなく、それらを実現させるために、人と人との繋がりを社名に掲げたソーシャルキャピタル・プロダクションを創業。
自身も多種多様なスポーツ(水泳、サッカー、サーフィン、空手など)を経験しており、アスリートの夢を応援できればと今回のコラム掲載に至る。

【メッセージ】

現役中に引退後の準備をするべきとの考え方もありますが、私はアスリートの皆さんに現役時代を本気で頑張ってもらいたいと考えています。そのためにもお金や世の中の基礎を平易に学べ、自分も頑張るがお金にも働いてもらえる仕組みを提供できればと邁進中です。
金融とは皆でお金を融通し合うことを意味する漢字ですので、同じように、皆さんにはアスリートとして多くの人に夢を提供してほしいと願います。